色打掛や白無垢

色打掛は色と柄に注目

結婚式の前撮りで最も人気がある衣装、色打掛。華やかで写真映えもするので、ロケーション撮影のときにもスタジオ撮影のときにもよく選ばれています。しかし赤やピンクといった華やかな色のものが多いため、どれを選べばよいのか迷ってしまう人もいるでしょう。そんなときには肌の色に合った色を選ぶのがおすすめです。たとえば赤がメインの色打掛には、朱色に近いものから紫に近いものまであります。肌の色が黄みがかった人は、朱色に近い赤のものが肌に合いやすいでしょう。一方、肌の色がピンクがかった人は青が入ったような紫寄りの赤の方が似合います。

また色打掛の柄は、背が低い人が着るなら小さな模様のほうがバランスよく見えます。背が高いなら大きな柄のものを選ぶのもおすすめです。

白無垢は生地の素材や厚みで選ぶ

結婚式の前撮りで、色打掛の次に人気の和装は白無垢です。しかし華やかな色の色打掛と比べると、全体的に白色の白無垢はどれも似たように見られがちかも知れません。とはいえ、よく見比べてみると色や柄などに違いがあることに気づきます。生地に絹が使われているものの場合は、やや黄色がかっていて、化学繊維で作られているものは真っ白なのが特徴です。絹のほうが高級感があり、柄が見えやすいでしょう。こだわりたい人は生地の質感に注目するのがおすすめです。

また白無垢は生地の厚みによっても、着たときの印象が変わります。生地の薄いタイプのものはスリムに見え、生地が厚いものはゴージャスな印象を与えます。実際に試着してバランスを見るのが良いでしょう。